日記☁️嫌なものは嫌だという譲れない思い

こんにちは!旅する薬草使い( ハーブティー屋 )ことり薬草 ekoです。 

幼稚園児の頃に世界や大人を見て感じていたこと。
「嫌だ」という感覚に対する、はっきりした記憶がわたしにはたくさんある。
なぜなら、“譲れない思い”が、今とまったく変わっていないからだ。

今でもまだ昨日のことのように思い出せる。

幼稚園にお気に入りのワンピース-白地に黒い水玉模様がついた-を着ていった日。
昼休みに水遊びをしていて全身を濡らしてしまった。
女性の先生が着替え用の水色のスモックを持ってきたのだけど、わたしは頑なに拒み濡れたワンピースのままで過ごした。
困惑した先生が何度もスモックを勧めてくるたび「なんで女の子なのに女の子の気持ちがわからないんだろう」と静かに思っていた。

そのイケてないスモックを、ただ着たくなかったのだ。
そのスモックではなくて、お気に入りのワンピースを着ていたかったのだ。

嫌なものは嫌だ。
理屈じゃないんだ。

嫌なら嫌でいい。
なぜ無理して好きになり、ゆるそうとする?
好きなものを嫌いになる必要は、ないと知っているのに。

今、それらの感覚を、しっかり掴んでいる必要がありそうだ。
嫌だ、という感覚を呼び起こそうとする現実がたくさんやってくるのだ。

なんのために?

あなたはわたしでわたしはあなただけど、個々の宇宙スタイルは例外なく100%違うのだということを知るために。
自分にとって今必要なものとそうでないものを、さらに細かなふるいにかけるために。
どんどん変わっていく世の中の流れに翻弄されずに、しっかりと人生の中心に立つために、心に正直であるように。

なんでもいいけどさ。

譲れない思い=揺るがない自分。
なのだ。

🌿ことり薬草 in Chiang Mai🌿
Web shop リニューアルオープン
https://cotoriherb.shop-pro.jp/


ことり薬草店主・旅する薬草使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイにいます。2019年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top