Uncomfortable feeling

ん?なんか変だな、と胸の中で引っかかる小さな黒いモヤ。ふとよぎるその都度に、繰り返し何度でも掘りさげています。瞑想をして、ただ見つめます。
違和感。
今回は「愛の欠如」というキーワードが出てきました。

愛の欠如といっても大げさなことではなくて、ものすごく大きな自然のサイクルの中でのちょっとした引っ搔き傷、みたいな存在。
それはアンパンマンの中に出てくるバイキンマンのイメージ。視点はやなせたかしさん。平和で穏やかな国の中でアンバランスを引き起こすバイキンマン。でも作者としては結局、愛するキャラクターがジタバタする ただの愛おしいちいさな悪あがきにすぎない。
もちろん、だれがアンパンマンでだれがバイキンマンで…ということではなく、本質を象徴する存在としてのはなしです。
( もし言うならば全員がアンパンマンでありバイキンマンってことです。)
わたしが今回感じた違和感も、そんな風でした。
違和感を見つめることは、対象とぶつかることかもしれない。めんどうが起きることかもしれない。なによりも、まさに自分のネガティブな部分を直視する行為なんですよね。
ですが、だからこそ、違和感 という直感をとても大切だとわたしは思います。
また新たな角度で違和感の元が見えたわけですが、愛おしさを感じたのは初めてかもしれません。
つまり、幸せものです、大感謝…!! ありがとう。
前回の違和感は、思考形式ではなく、メッセージを受け取った形で書いてました。
夜中に眠れなくなってしまったので、必殺!ブログにアウトプット!…です。
おやすみ♡
ことり薬草店主・旅するハーブ調合人です。 魔法のハーブティを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイにいます。2019年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください