海のしずくクリーム ( ローズマリー軟膏 )とは

こんにちは!旅する薬草使い( ハーブティー屋 )ことり薬草 ekoです。

毎年 秋頃になると ことり薬草で作りはじめる海のしずくクリーム (ローズマリー軟膏)。
材料となるローズマリーチンキを仕込むことから全て手づくりなので少量しか作れないのですが、瞬く間に旅立ってしまう人気者です。
ことり薬草では、海のしずくクリーム、と呼んでいます。

ローズマリー軟膏って何?という方に説明しますね。
原材料がローズマリーチンキ(浸出ハーブエキス)と白色ワセリンのみの極めてシンプルな軟膏です。
ローズマリーに含まれる成分ウルソール酸は、若返り効果があるといわれています。
シミ・シワ・肌荒れ・乾燥肌…などに効果があるとされる成分なのです。
ローズマリーの効能はこちら ローズマリーの効能・効果 -海のしずく-

作り方として、ローズマリーチンキのアルコールを飛ばしてワセリンと溶かすために、湯せんをしてひたすらかき混ぜるという作業があります。
火とアルコールを使うので、気合が入ります。
以前に換気をが甘かったため火柱があがって焦った思い出があります。

できあがった海のしずくクリーム(ローズマリー軟膏)は、ローズマリーのワイルドな香りがして多幸感たっぷり。
お風呂上がりが楽しみになる一品です。
保湿やシミ・シワ対策として顔・唇から身体・髪の毛にまで全身に使え、わたしの場合は火傷軽い傷口にも使っています。
海のしずくクリームをつけた部分がポカポカしてくるので、ローズマリーの作用である血行促進が効いているのかもしれません。
アロマ効果もあるので、リラックスします。

ローズマリーの効能はこちら ローズマリーの効能・効果 -海のしずく-

ちなみに、ローズマリーを蒸留して作られるハンガリアンウォーターは、14世紀のハンガリー王妃・エリザベートが「若返りの水」として肌に塗ったり飲んだりしていたそうです。
その後、王妃はなんと70歳過ぎに、隣国ポーランドの20代半ばの王子から求婚されたそうです。

海のしずくクリーム ( ローズマリー軟膏 )を使うと、とたんにモテちゃう…かもしれないよ。
何はともあれ、お試しあれー♩

🌿ことり薬草 -herb tea- in Tokyo🌿
出店・イベント・ワークショップ情報
cotoriherb.com/returntotokyo/

ことり薬草店主・旅するハーブ使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイにいます。2019年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top