ターメリック(ウコン)の効能・効果 -肝臓と胆のうのハーブ-

ターメリック(ウコン) は、アジアを代表とする強肝ハーブとして有名。
カレーにはもちろん、東南アジア伝統療法や中医学、アーユルヴェーダ等でも、重要な生薬のひとつとしておなじみです。

ターメリックは ジンジャーに近い種類で、ごつごつした皮を剥くと鮮やかなオレンジ色が現れます。
この色の色素はクルクミンという成分。
日本ではウコン色素として食品の色付けに使われています。

ターメリックが二日酔い防止によいとされるのは、肝臓や*胆のうの働きを強化する力があるから。
(胆のうとは肝臓で分泌された “胆汁” を溜める保管庫。胆汁は脂肪を消化するために必要なのだそう。)

ターメリックには消化を促し腸内細菌を改善する働きもあります。
胃の調子が悪いとき、胃を健やかに保ちたいときはターメリーックティーを飲んでみるとよいかもしれません。

ダイエット便秘改善冷え貧血などにも効果があり、女性特有の不調にもいいんですよ。

インドネシアのバリ島でよく飲まれるJAMU(ジャムウ)のドリンクにも、ターメリックがたくさん使われています。
ターメリックジュースにフレッシュライム、はちみつなどをミックスしたドリンク。
美味しくて元気が出る、ジャムウではポピュラーなドリンクです◯

ターメリックは、ことり薬草のオリジナルブレンド Root Red-生命の根源- にも調合しています。

【ターメリック (ウコン)】

ショウガ科
和名:ウコン(鬱金)

■ターメリックの効能・効果

健胃・利胆・鎮痛・止血・抗炎症・胆汁分泌促進 etc
血中コレステロール値の調整、アルコール性肝炎の予防
消化促進、肝臓や胆のう強化、不定愁訴(なんとなくの不調)の改善

■ターメリックの栄養成分

クルクミン、デンプン、アルブミン、カリウム、ビタミン類 etc

■ターメリックの味や香り

香りや味が強く、スパイシーな独特の辛みと苦味

■ターメリックの使いかた

ハーブティー・スキンケア(化粧品、スクラブ、パック等)・食用・染料・食品の着色

■ターメリックのスピリチュアルな使いかた

インドのヒンドゥー教では“生命力の象徴”や“お清め”として儀式に使う。
また神聖な植物として邪悪なものを近づけないとされる。
バリヒンドゥーでもターメリックライスがお祝いごとに使われ、儀式や魔除としてターメリックで身体を染める風習がある。

■ターメリックの花言葉

乙女の香り、あなたの姿に酔いしれる

■飲用の注意

妊娠中、胆道閉塞患者・胆石患者は使用を避ける。
胃潰瘍、胃酸過多の場合も同じ。

今日もありがとう🙏💕
\ハーブティーの調合と販売をしています。/
ことり薬草 -herb tea- Web Shop
cotoriherb.shop-pro.jp

ことり薬草店主・旅する薬草使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイにいます。2019年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top