ローズヒップの効能・効果 -ビタミンCの爆弾-

こんにちは。旅する薬草使い( ハーブティー屋 )ことり薬草 ekoです。

今日は、ビタミンCの爆弾、ローズヒップをご紹介します。
紫外線の強い季節に体や肌がほしくなる、ローズヒップティー。

ビタミンがたくさん含まれていて、とくにCが豊富。
レモンの20〜30倍といわれています。
肌荒れやシミ、メラニンの生成を防いでくれて、肌の弾力を保つように働いてくれます。

ローズヒップで作るハーブチンキには “とろみ” があって(ペクチン)、精製水とグリセリンをまぜたら、しっとり化粧水ができました。

ローズヒップ化粧水を友達にあげたら、肌の内側に染み込んでいくのがわかったそうです💡

もちろんローズヒップの高い栄養価は 美肌だけではなくからだの疲れや目の疲れを回復し、風邪やインフルエンザの予防にも効果を発揮します。

酸味の強いハイビスカスとブレンドされていることが多く、酸っぱいと思われがちだけど、ローズヒップ自体はトマトのような酸味、含まれているリコピンの味なのです。

さらに、ローズヒップティーの “出がらし”は食べられます。
ヨーグルトに混ぜて食べたり、ジャムにしても美味しいです👍

【ローズヒップ】

南米やヨーロッパ原産のバラ科。
別名:ドッグローズ、ドッグブライアー

■ローズヒップの効能・効果

利尿・緩下・収れん・保湿etc

美肌に。
ビタミン補給に。
肌荒れ、メラニン生成を防ぐ。
毛細血管を強くする。
利尿作用による解毒。
風邪やインフルエンザ、貧血の予防。
疲労、眼精疲労の回復。

■ローズヒップの成分

ビタミンA,B.C,D,E,K・タンニン・ペクチン・フラボノイド・リコピン etc

■ローズヒップティーの味や香り

トマトのようなわずかな酸味とフルーティーな風味。
少しとろみがある。

■ローズヒップの使いかた

ハーブティー・スキンケア・ハーブコーディアル・料理・ハーブ酒

■ローズヒップの歴史

第二次世界大戦中のイギリスでは、ローズヒップの栄養価が高いことから
子供達のビタミン補給のために「ローズヒップシロップ」が配られた。

■ローズヒップの花言葉

正義感・誠実・無意識の美

■飲用の注意

飲みすぎると下痢をする場合あり。

今日もありがとう🙏💕
🌿ことり薬草 -herb tea shop- from Chiangmai 🌿
https://cotoriherb.shop-pro.jp/

ことり薬草店主・旅する薬草使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイにいます。2019年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top