花は永遠に今咲いている

家に帰って手を洗っていたら、ジャスミンが香った。
数年前に玄関の反対側に地植えして、あまり目にしない場所に放っておいた。
そのせいで、年々ワイルドになってきている。
そんなジャスミンが、今夜とうとう、『ミニキテヨ!』という言葉をはっきり投げかけてきた。
強い香りに、シンプルな思いを乗せてきた。
濡れた手をタオルで拭いて靴下を脱ぎ、サンダルを履いて外に出る。
隣に植わっているオリーブの木と絡まり合いながら緑はせり出し、白い花をたくさんつけていた。

よく見るとオリーブの細かな花もたくさん咲いていた。
咲きすぎて、地面に散っていた。
事情があって大きく切ってしまったどんぐりの木も地味に成長を続け、いつの間にか立派なひとつの生命体になっていた。
我が家の狭い空き地に、よくもこんな堂々とした命が育まれたものだ。
植物はすごい力で、人をここに立ち止まらせる。
守られているということをさとらせないほど、静かに熱く循環している。
感動するでもなく、ただ素朴にありがとうと思った。
それに気づけて、今日はよかった。
ことり薬草店主・旅する薬草使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイにいます。2019年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top