ジャスミンの効能・効果 -夜の女王-

ジャスミンは、日没から花を咲かせ夜になると妖艶に香り立つことから「夜の女王」と呼ばれます。
エジプト、中国、インドなどを中心に古くから使われ、クレオパトラが媚薬として愛用していたそうです。
中国では緑茶の香り付けや頭痛や不眠・脱臼の治療(根っこを使用)などに。
インドではアーユルヴェーダの治療薬として使われています。

ジャスミン鎮静作用とともの穏やかな催淫作用があり、鬱っぽさや不安を和らげてくれます。
ローズや緑茶・紅茶などとも合いますよ◯

また、古くから子宮のハーブとも呼ばれ、生理痛やPMS不感症などにも効果があります。
難産の時に使用したり、生殖器系や泌尿器へも効果が期待できます。
温めて、機能を回復させ、うっ血を除去することから、”子宮のクレンジング作用“があるとも言われています。

官能的な気分になりたい夜に、精油を香らせた部屋でジャスミンティーを飲むなんて うふふ。

【ジャスミン】

モクセイ科
和名:茉莉花(ハーブテイに使用)、ソケイ(精油に使用)

■ジャスミンの効能・効果

鎮静・抗うつ・気分高揚・催淫
精神覚醒・ホルモン調整 etc

鬱・不安・気落ちを緩和
官能的な気分を呼び覚ます

■ジャスミンの成分

フラボノイド、タンニン、精油 etc

■ジャスミンの味や香り

甘い香り、味はほとんどない

■ジャスミンの使いかた

ハーブティー・スキンケア・アロマ・ポプリ etc

■ジャスミンの花言葉

優美、愛らしさ、官能的
ティに使われる白い花のジャスミンは 温順、柔和

■飲用の注意

特になし
※多飲多用は避ける

今日もありがとう🙏💕
\ハーブティーの調合と販売をしています。/
ことり薬草 -herb tea- Web Shop
cotoriherb.shop-pro.jp

ことり薬草店主・旅するハーブ使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイにいます。2019年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top