フレッシュハーブとドライハーブの違い

こんにちは。旅する薬草使い( ハーブティー屋 )ことり薬草 ekoです。

家の敷地に勝手に生えてきれくれたレモンバーム。

収穫して干してみたよ◎

フレッシュハーブはエネルギー体 ドライハーブは肉体や心 それぞれに主に作用する担当があるように思います。

わたしの場合、フレッシュハーブはなんだかちょっと疲れたな、とかパッと気分変えたいなってときに。
ドライハーブは具体的な症状があるときや、免疫力がさがってそうなとき、 栄養補給、各種予防などに。

みたいな感じで使い分けています。

ちなみにエネルギー体とは肉体のまわりにあるエーテルとかアストラルとかメンタルなどといった、肉眼では見えない外側の領域のことをいいます。
エーテル体と肉体は密接に関わっているそうです。

わたしはオーラなどはっきり見えるタイプではなく、なんとなく明るいか暗いか、色のイメージを感じる程度なのですが…
1枚目の画像から、上下のバイブレーション(オーラ)が違うのはビンビンに伝わってきますよね。

ハーブティーとして飲んでも、もうこのまんま、実感します。

フレッシュは放射してるよね。
ドライは吸収していて、同時に成分が凝縮しているイメージもできるね。

ハーブティーを飲む習慣がつくと、自然や植物にバイブレーションが合ってくるせいか、微細なエネルギーの世界に入っていく気がしますよ。

おためしあれ〜٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

🌿今日もありがとうございます🌿
ことり薬草はオーダーメイドでハーブティーの調合をしています。
cotoriherb.shop-pro.jp

ことり薬草店主・旅する薬草使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイに住んでいます。2020年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top