日記💭シンクロとタイミング

シンクロやタイミングについてふと考える出来事があった。
11月末頃、パタヤで開催される大きな野外パーティーの出店依頼があった。
以前チェンマイで出店した時に「アロマ歯磨きオイル」を買ってくれたバンコクの女の子(オーガナイザーのひとりだったそうだ)が気に入ってくれ、声をかけてくれたのだ。

きたー!Wonderfruit!と一瞬アガったのだけど…
なんと「ハーブティー屋はすでにあるから、ハーブティー以外でどうかな。あなたのアロマ歯磨きオイル、称賛してる!」という条件つきだった。

うち、ハーブティー専門店なんですけどー!けどー!けどぉ…

出展料や旅費などを考えると、歯磨きオイル一点じゃ厳しい。
新商品をつくるには時間が足りなすぎる。
ラオスにVISAを取りに行く予定とかぶる可能性がある。
そもそも1ヶ月きってる時点で、什器も商品もチームも何も準備のない状態でかなり厳しい。

出店する方向でしばらく考えてみたものの、ワクワクしなかったので今回はスパッと断った。

そして、そんなことは忘れていた先日、BGMにしていた動画から、気になるワードが耳に飛び込んできた。

「人生が大きく転換するときには3つの大きな出来事がある、」のだそうだ。
ひとつに、「(仕事などの)無茶振り」。
スケジュール的にもスキル的にも、自分には無理だ!と断りたくなる何かが舞い込んでくるそうだ。
そしてどんどん乗っていけ、とな。

たしかに人生の転機にはそんな前兆があることを、わたしも何度も体験済みだった。
そのうえ「無茶振り」以外の2つも、ばっちり当てはまっていた。(っていうか今まさに転機だし。)
そして、その「無茶振り」に、いつもなら乗っていたことを、思い出した。

思考が、後悔をしはじめた。
おっと、チャンスを逃してしまったのだろうか…

わたしはいい意味で潔く諦めも早いので後悔をしないタイプなのだけど、参加したかった分、やっぱり気にかかっていたのだった。

やっぱり乗っておくべきだったのだろうか…

しかしわたしは潔い。諦めも早い。思考がすぐに切り替わった。

いや待てよ。
まず、そもそもその動画を見たのは今このタイミングだ。
シンクロとは、すべて今、現象の中で同時に起こるのであって、思考の中であれこれ巻き起こることでもない。

わたしたちは常に最善の答えを出し、すべてのできごとがベストタイミグで起こるようになっている。
チャンスが訪れるとき、迷いなく乗っている。
「うち、ハーブティー屋なんですけどー!」と叫ぶようなことはまず起きない。
シンクロが起きている瞬間は、心と現実がぴったり合って何もかもが自然に、考える隙もなくオートマティックに物事が進むのだから。
これはポジティブシンキングではなく、自然や宇宙の仕組みが、単純にそうなっているだけだ。

乗っても乗らなくてもよかった、という答えが、動画を観たタイミングのシンクロだったのだ。

「ハーブティー以外でお願い」という依頼を受けたときの違和感が重要だった。
これを無視して無理やり参加していたら、スムーズにいかず大変な思いをすることもあったはずだ。
これは経験上、イエーイ、行っちゃえ!というノリの見切り発車によくある失敗だ。
ただもちろん楽しいことも出会いもたくさんあるのは間違いない。
だから、やはり乗っても乗らなくてもどちらでもよかった、に尽きるのだった。

なにはともあれ、直感や自分の心の反応に勝る物はこの宇宙に無いのだ、という基本を改めて理解したのでした。
めでたし めでたし◯

今日もありがとう🙏💕
\ハーブティーの調合と販売/
ことり薬草 -herb tea- Web Shop
cotoriherb.shop-pro.jp

ことり薬草店主・旅する薬草使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイにいます。2019年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

Scroll to top