恋とか愛とか

わたしが今よりもっと幼かった頃、恋をしていた仲よしの男の子がいた。彼には彼女がいた。それでも一緒にいたいときはふたりでいた。それをまわりも(おそらく彼女も)知っていた。
今は別の彼女がいる。先日ふたりに会ったとき、帰り際それぞれとハグをした。彼女のからだは猫みたいにちいさくてやわらかくて、彼はきっと永遠に男の子みたいだった。
そんなことをぼんやり思い出していたら、いろんな奇跡に圧倒されて感動して、正確には胸が光ってどうしようもなくて、とつぜん泣けた。
性的な意味やロマンティックなそれではなく、もちろん異性も同性も関係なく意味すらなく、愛している人は、純粋にただ大すきで、愛している。
愛に付随するすべてはほんとうにちっぽけなもの。本物の愛には、なにもないのかもね。でも毎日まいにち、いろんな形で愛してるね。
ことり薬草店主・旅するハーブ調合人です。 日常に魔法がかかるハーブティーをオーダーメイドで承っています🌿 ふと旅にでることがあります。 現在はチェンマイにいます。2019年5月。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください