ハーブコーディアルの作り方

こんにちは。旅する薬草使い( ハーブティー屋 )ことり薬草 ekoです。

今回は、ハーブコーディアルの作り方をご紹介します。

ハーブコーディアルとは、ハーブを砂糖に漬け込んだシロップのことをいいます。
もともとイギリスではアルコールに漬けたものをコーディアルと呼んだそうですが
今では砂糖漬けのシロップが主流です。

甘くて爽やかなコーディアル
夏には冷えた水や炭酸水などで割ってゴクゴク飲んでしまいます。

冬にはお湯で割って飲むと、身体の芯から温めてくれる。
風邪の時にもぴったりです。

おいしいだけじゃなくて きちんと効能があるハーブコーディアル
イギリスの家庭では民間療法としても使われてきたそう。

市販のコーディアルも便利でおいしいですが、作り方はとっても簡単なので
ぜひ一度 自家製ハーブコーディアルを試してみてください。

今回は、他のハーブと比べて保存が効く、
ハイビスカス&ローズヒップを使ったレシピをお伝えしますね

■ハーブコーディアルの作り方

材料:
水 500ml
ドライハイビスカス 20g
ドライローズヒッップ 10g
てんさい糖(はちみつや白砂糖でもOK)300g
レモン 半分~1個
保存用の密閉ビン

1.お鍋に水を入れ火にかけ、沸騰したらハーブを加え、弱火で10分ほど煮出す。
2.ハーブを取り出して(濾して)またお鍋に戻し、砂糖を入れて一煮立ち。
3.少しとろみがつくまで煮詰める。
4.火を止める直前に、お鍋にレモンを絞る。
5.冷ましたら保存ビンに入れて、保管は冷蔵庫で。
2週間ほどで飲みきってください。

ハイビスカスとローズヒップはお好きな割合でOKです。
↪︎または Root Red -生命の根源- 30gを使うとさらにフルーティなコーディアルができます。できあがったコーディアル
お水や炭酸水、お湯で5~7倍くらい、好きな濃さで割って飲みます。
ハーブティーや紅茶の甘みとして加えても風味が深くなるよ。

お酒好きなら、ジンやウォッカ、焼酎、ワインなどで割るのもおすすめ。
ヨーグルトやバニラアイスにかけたり、かき氷のシロップとしてもおいしいです。
30分もあればできてしまうので、おためしあれ〜!

今日も読んでくれてありがとう🙏💕
🌿ことり薬草 -herb tea shop- from Chiangmai 🌿
https://cotoriherb.shop-pro.jp/

ことり薬草店主・旅する薬草使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイにいます。2019年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top