タイからただいま🗼

こんにちは。旅するハーブ調合人、ことり薬草 えこです。

整体とハーブの養生セッション タイ研修(という名の休暇)から、東京へ帰ってきました。
まだまだ魂が出かけちゃってるポーッとした頭で書いてます。

始まりから終わりまでスムーズに流れるような
少し名残惜しさが残ったところまで完璧ともいえる、そんな旅でした。

なおちゃんとわたし各々でしていた旅とも全く違う
トラブルひとつない、大きな愛の安心で包まれた充実の2週間。

同じくらいの旅慣れ感が、妙にマッチしたのかも。

強いてつまづいたところといえば
最後に空港で提出するdepartureカードをふたりとも書き忘れていたことくらい。

たくさん笑ったり歌ったり、少しだけ語ったり、疲れて無言だったり。

いろんなこと、ひと、出会い、チャンス、場所にありがとう。
今回の旅仲間なおちゃん、ありがとう。

さて、わたしはすでに、2月のバンコク行きのフライトチケットをとっています。
これからの人生について、今いちど方向づけをするとき。

ま、すべてはタイミングにお任せ〜◎

 

 

🌿今日もありがとうございます🌿
ことり薬草はオーダーメイドでハーブティーの調合をしています。
https://cotoriherb.thebase.in

薬草スチームサウナ in Chiang mai

こんにちは。旅するハーブ調合人、ことり薬草 えこです。

ハーブ王国タイはチェンマイで、薬草(ハーバル)スチームサウナに入ってきたよ。
ここは「オールドメディスンホスピタル」とよばれるタイマッサージの施設。
マッサージを習ったり受けたりできます。

ハーバルスチームサウナは日本の銭湯みたいに、男女が分かれて入ります。
受付でタオルと巻き布を貸してくれるから、手ぶらでオッケー。
50バーツ(約150円)でターメリックのスクラブを購入したよ。


ハーバルスチームサウナ
に入る前に、スクラブでお肌を清潔に清めます。
いざサウナの中へ入ると、目が開けられないほど真っ白なスチーム、薬草(ハーブ)のい〜い香り。

少し座っているだけで毛穴から汗が吹き出し、その代わりに薬草の成分が染み込んでいく。
5~10分でサウナから出て、いったん水浴びして休憩。
薬草茶(ハーブティー)で水分を補給するよ。

これを、数回くり返す。
わたしたちは計4回サウナに入りました。
日本のサウナは苦しくて不得意なわたしでも、大丈夫だった◎

身体中の細胞がキャー!と雄叫びをあげて喜んでいるイメージなの。
毒素が流れてゆき、皮膚、粘膜、内臓、体液、とにかく身体中にハーブの成分が染み込むのを想像してね。
まだ少し残っていたアトピーも、改善するわこりゃ。

着替えをすませて外へ出たら、なんか軽ーい!
前日にRamlamoon*さんで米ぬか酵素風呂に入ったときは
重力が下へ下へズーンと重たくなって運動後のような心地よい疲れがあった。
ハーバルスチームサウナは目がパッチリとさめて、気が上へ上へと分散されるような爽快感。

お肌はつるつるふかふか、視界はキラキラになりました。

130バーツ(400円強。タオルと巻き布レンタル込み)でした〜

心も身体もさっぱり。
チェンマイを訪れた際にはぜひ。
8:00,11:00,15:00の、新しいハーブが投入されるタイミングがおすすめです!

住所:Thai Massage Shivagakomarpaj (Old Medicine Hospital)
238/1 Wuolai Road, Opposite Old Chiangmai Culture Center 50100
http://thaimassageschool.ac.th/

*Ramlamoonさんは日本人オーナーがオープンされた米ぬか(ブラウンライス)酵素風呂の店舗です。
もともとチェンライで経営していたそうですが、9月末にチェンマイでオープンしたばかり。
ぬかは40年ものだそうですよ〜

 

🌿今日もありがとうございます🌿
ことり薬草はオーダーメイドでハーブティーの調合をしています。
https://cotoriherb.thebase.in

初チネイザン in Chiang mai

こんにちは。旅するハーブ調合人、ことり薬草 えこです。

チェンマイでチネイザンを受けてきました〜

腸、肝臓、腎臓、膵臓、大腸、胃、肺、生殖器をお腹の上から揉んでマッサージする治療法。

旅仲間のなおちゃんに便乗して、ひとつ返事でわたしも受けることに。

 

はじめはオイルを使って優しく揉んだりさすったり揺らしたり。

先生の呼吸に合わせて、真似して呼吸をしながら
だんだん力が強くなってきて、順番に各内臓がぎゅーっと押されてゆく。

これが顔をしかめるくらい痛いのだけど、
呼吸による酸欠なのか、痛みなのか、その他の影響なのか
意識がなんども飛んでひたすら気持ちよかった〜

 

身体の感覚が戻ってきたら手がジンジンして、エネルギーが溢れ出し勝手に動いてしまう。

ツーっと涙が出て、寝起きの子供の気持ちになって
先生が吹いてくれたシャボン玉に笑ってしまったら、全身全霊でHappy Worldへ突入。

感情が溢れ出して大泣きしてしまう人もいるくらい、強力なデトックスヒーリングなんだそうだよ。

 

触る範囲はお腹周辺だけなのに、ダイレクトに宇宙と連動している感覚がある。

膣の中を直接マッサージするというカルサイネイザンにも興味を持った今。

“子宮の仕組みは宇宙の仕組みそのもの”だとされているから、これは究極的なのでは..と予感しているのでした。

 

今回施術をしてくださったのは、日本人女性のkeiko先生。
チェンマイでチネイザン受けてみたい方がいたら、紹介しますのでご連絡ください◎

天と地がぶっとい柱で繋がった、安心して我がお腹を任せられる先生です。


マスコットボーイのジャンボくん。

 

 

🌿今日もありがとうございます🌿
ことり薬草はオーダーメイドでハーブティーの調合をしています。
https://cotoriherb.thebase.in

ニューエイジブッダ

こんにちは。旅するハーブ調合人、ことり薬草 えこです。

ただいま、休暇&タイ研修として、タイにいます。
バンコクから深夜バスに乗って、ペッチャブーンのカオコーという田舎まできました。

画像の、サイケデリック仏像を見るために。
Wat Prathat Phasornkaew(ワット・プラタート・パーソンケーオ)
SNSで流れてきてたあなたをひと目見たときから、ずっと会いたかった…!!

3キロ離れた宿からも見えて、すごい存在感を放っていたよ。
ガウディの建築みたいな曲線とタイル張りの建物が寺院。
床や壁いちめんに陶器の食器やキラキラな石が埋まっていて、子供の頃みた夢の世界でした。

寺院の中の絵も鮮やかで新しい色使いと、デラックスな世界観。
さいこーに気持ち良さそうなところなので、(わたしはブディストではないのだけど)
死んだら行ってみたいなと思ったのでした。

生きているうちに人はすでに死後の世界をイメージして形にして
この世(心)に天国を創造しているのだと感じました。
あの世は己の中にある。

苦行中のブッダ像も心なしか微笑んでいた。
(…かはわからないけど)

これからもたくさんの世界をみて
想像力を膨らまして、愛をもらって与えて。
魂がより自由で豊かになることが、生きる楽しみなのかもしれないね。

🌿今日もありがとうございます🌿
ことり薬草はオーダーメイドでハーブティーの調合をしています。
https://cotoriherb.thebase.in

日記|奄美大島2018

家族で奄美大島へいってきました。
南国へいくと、無条件に元気がでます。
ただいま、と魂が喜びます。
東京に生まれて東京で育ったわたしには田舎がありませんが
訪れるとホッとする場所がたくさんあります。
機会があれば、いつか南の島へ移住したいなあと思っています。
根を張らず縛られず ふわふわと旅するように生きていたい
と思っていたのに、どこかに腰を据えて誰かのために生きるのもいいかも…
という新しい願いがうっすら芽生えてきました。
植物の恵みとともに生きられる土地に住めたら、もっと豊かだなぁ。
焦らず無理せず、ご縁のままにね∞

 

🌿今日もありがとうございます🌿
ことり薬草はオーダーメイドでハーブティーの調合をしています。
https://cotoriherb.thebase.in

ホーチミンからただいま

1週間、ベトナムはホーチミンに行ってきました。
今回の旅の目的は、小江戸 川越にある
「ベトナム小粋雑貨 サニーサイドテラス」さんに頼まれた商品の買い付けです。

サニーサイドテラスさんとは
ことり薬草のハーブティーを置いていただいているご縁があり
今回はそんな運びとなりました。
川越に住んでいたときに、店番のお手伝いしていました。

バックパッカーのころは短くても1ヶ月は旅先にいたので、
7日間というのはほんとに一瞬でした。
しかもベトナムは初めて。
こんなに集中力を使ったのは久しぶりです。

わたし自身、旅をするために地球へ産まれてきたと信じているので
「旅を仕事にする」というのがひとつの目標でした。

ハーブティーの出店で国内を旅することで叶ってはいるのだけど
夢がこんな形になることもあるんですねー。
うっすら描いていた、買い付けの仕事、きちんと宇宙は運んできてくれました。

たいへん貴重でエキサイティングな体験をさせてくれた
サニーサイドテラスのしょうこさんに感謝です。

これからは、「ことり薬草」として海外を旅していく予定です。
と言いつつ、いままで何度も屋号を置いてふらっと旅に出ているように
閃きでまたどこかに行ってしまうことも充分にあると思います。
そのときはどうか、お許しくださいませ。


さてさて、ベトナムは、ご飯が美味しかったー!
いままで中国(上海)が1番だったけど、もうベトナムかもしれない。
フレッシュな野菜、フルーツ、ハーブ、魚介類、おいしいビール。

初めてのものを食べるときのこの感動を
誰かと分け合えたらどんなにいいか!
と何度も思ったけど、それでもひとり多幸感に包まれながら
ベトナム料理を堪能してきました。

またすぐに行きたいなー。
1月後半に、また一瞬だけどタイに行ってきます!

読んでくれてありがとう❤️

《 ことり薬草 出店スケジュール 》
11/3 金 NEXT WEEKEND @ WEEKEND HOUSE(外苑前)
11/4 土 満月ショップ @ Low carb cafe Egoiste(町田)
11/5 日 OWL FES 2017 @ おおたかの森(所沢)
※満月ショップは商品のみ

12月は、前半に杉並”海の家”、後半に仙台のclubで出店予定!

最新情報はTwitterで💫

今日も読んでくれてありがとう🙏💕
\ハーブティーの調合と販売をしています。/
ことり薬草-Herb Tea-
Web Shop https://cotoriherb.thebase.in

希望がない君へ

なにもする気が起きないとき、新しい目標がわからないとき、
ワクワクしないとき、絶望してしまっているとき、
そんなときが一生で何回か、一年に何回かあるかもしれない。

でも実は、人生が停滞しているとかんじるときこそ、
とっても幸せなときなのだとおもう。
なにもする気が起きないのなら、休んでいいから。
新しい目標がわからないなら、ひととおりの夢を叶えてしまったばかりだから。
ワクワクしないなら、すでに満たされているから。
絶望してしまっているなら、静寂に身を任せればいいから。

 

立ち止まっているときは、とにかく情報を遮断しよう。
外の世界は基本的に個人的なスピードとはまったく異質な高速ぐあいで、
いっしょうけんめいにひたすら前向きだから。
静かに目の前のことひたすら見つめよう、いや、見つめなくてもいい。
なにもしなくていい。
なにかから逃げていると自分を攻める必要もない。
すでに持っているものにありがとうと声をかけられる、こんな素敵なチャンスなかなかないよ。
人生は基本的に忙しいし。そして焦っているほど短くもなく、退屈なほど長くもない。
いつも、今、ちょうどいいようにできている。
絶望とは、すべて、いつでも…今がALL OKだということを、思い出すことなのかもしれないね。
in Byron bay, Australia 2016/10/1

So what?

内面にともなって外面にも現れる小さくて大きなテーマには、サイクルがある。
変化の直前には靄がかかったように選択に迫られている。
何も考えなくても考えても同じだとわかりながら、迷ってモヤモヤするのを楽しむのが人間の醍醐味なのだろう。
そして視界の靄がパーっと晴れ、空もいつもの通り道もスーパーもあの人もこの人も、なんだか何もかもが生まれ変わったかのように登場し、はじまる。人間だけが何度も気づき変化し、前進しようとする。
宇宙も地球もそれらが誕生したその瞬間から何も変わらず、ただ一定に存在し続けているだけなんだろうに。

in Byron bay, Australia 2016/6/16

淡々

とてもコンパクトでミニマルな毎日だけど、日々必ずちょっとずつ違う何かが起こる。映画を観ているみたいに淡々とした気持ちの中で、少し感動したり嬉しかったり沈んでみたり、いちおう考えを巡らせてみたりもしている。どこでもいつでも、穏やかな世界の中心にいることができる。そこは退屈どころか鮮やかに明るく、人々は笑顔で、笑いたくないときは笑わず、怒るときは堂々と怒り、余計なことはもとめず、与え合え許し合い、なんとなくいつも幸せだ。

in Byron bay, Australia 2016/6/10

沈黙

Silence is the language of god,all else is poor translation.

今日気に入った、ルーミーの詩。
“沈黙は神の言語。他のすべては貧弱な翻訳”
もっといい邦訳があるかもしれないけど、こんな意味。
ここが英語圏だからなおさら、会話で表現しないといけない、という思い込みに少し疲れていたことに気づく。
静寂の中できこえる真実の声や、物事をじっと見つめることでする対話、思考の及ばない領域がある。
いいな。沈黙は神の言語。
源へ新鮮な水が流れ込むみたいにして、潤った。
in Byron bay, Australia 2016/6/5