NEW!! エンジェルオラクルカードのメッセージ

IMG_7149

こんにちは。旅するハーブティー屋(ハーブセラピスト)の『ことり薬草』です。
ことり薬草 Web Shopに、
ハーブティーに添えるエンジェルオラクルメッセージを商品に追加しました。

調合ハーブティーに天使のバイブレーションをプラスするイメージで、
シンプルな文章にまとめてお届けします。
(300〜500文字程度/送料はかかりません。)

『エンジェルオラクルカード*』は
日々のちょっとした質問にしっくりとくるヒントをくれます。
いま必要なメッセージや、マイナス思考になりがちのときの気分転換に。
忘れかけていた気持ちや、思いもしなかった方向からのアドバイスなど、
エンジェルオラクルカードはいつも新しい気持ちにさせてくれます。
調合ハーブティーだけでなく、オリジナルブレンドハーブとご一緒に、
また、エンジェルオラクルメッセージのみのご注文でもOKです⭐️
エンジェルオラクルメッセージのみの場合は、メールにてお送りいたします。
エンジェルのメッセージはいつでも優しくて前向きですが、
しっかりと客観的なアドバイスをくれます。
小さなモヤモヤがあるとき、少し落ち込んでしまったとき、
背中を押して欲しいとき などに エンジェルオラクルメッセージから
メッセージをもらってみてはいかがでしょうか♪
*オラクルカードとは?
美しいイラストとシンプルな言葉(キーワード)によって
アドバイスやインスピレーションを受けとるカードツールです。
占いというよりは、気持ちを前向きにセットし直すきっかけとして使います。
内面に変化をつけたいとき、未来の方向を光に変えたいときにぴったりです。
今日もありがとう🙏
\ハーブティーの調合と販売をしています。/
ことり薬草-Herb Tea- Web Shop
https://cotoriherb.thebase.in

エンジェルナンバー

C_uVxkVU0AAlI23
エンジェルナンバー・数字からのメッセージを受け取ることについて。
わたしたちの(天の)ガイドは、ゾロ目を見せてくることがある。
時計を見たらちょうど11:11だった、とか。
メッセージや わたしたちの質問の答え を示すときに、注意を引きやすいようにしてるんだって。
いつでも何かに意味や秩序を見出そうとする人間の性質を使って。
とってもまめだね、天使は。
数字には、言葉や文章ではつくりだせないエネルギーパターンがある。シンボルもそう。
(フラワーオブライフなどの幾何学や、UFOが残すクロップサークルなんかは、
莫大な愛のメッセージが込められてみたいだし。)
数字からメッセージを受け取るということは、
パッと目にした気になる数字を言葉に置き換えて意味を見出すということなんだねえ。
ちなみに今日わたしが気になったゾロ目は「1188」。
信号待ちをしているときに同時に目に入った車のナンバーが、両方とも「1188」だった。
なんだかちょっと強いメッセージだと思って調べてみたよ。
エンジェルナンバー的な解釈だと、4桁の場合、3桁と1桁で分けるそう。
118→あなたの前向きで楽観的な思考とビジュアライゼーションにより、
豊かさと成功が波のように押し寄せています。
あなたは受け取ることと与えることのバランスがとてもよくとれています。
8→今、あなたに経済的な豊かさが向かってきています。
だって。オッケー!
豊かさと成功のイメージに光を当てていこう。
みたいな感じでエンジェルナンバーからメッセージを受け取る。
すべての現象はシンクロニシティによってつくられている。
だからそもそも ”目に映るすべてのものがメッセージ”…ではあるんだけど。
天使はいつでも隣でわかりやすいサインをくれてるってこと。
宇宙はほんとうにシンプルな仕組みだよね。
今日もありがとうだよ🙏
\ハーブティーの調合と販売をしています。/
ことり薬草-Herb Tea- Web Shop
https://cotoriherb.thebase.in

正解

img_6537

正しさなんてどこにもない、と、もうすでにスカスカになりつつあるこの言葉の真理に、また今夜ふと気づく。
今夜もまた、わたしは無意識に正解を探していたんだ。
それから、あえて自分の不幸ポイントをひとつあげるとしたら、とぼんやり考えてみる。
わたしの不幸ポイントは、「常に、"何かが違うんじゃないか"、と"何か"を求め、"ここじゃないんじゃないか"と"どこか"を求めているところ」だった。
でも、その"何か"っていうのはどこにもないし、その"どこか"っていうのも、ここにしかない。
ほんの1mmだけ常に狂いかけているのだと考えることもできるし、自らの不幸ポイントを見つめられるほど平凡に幸せなんだと考えることもできた。

発想の転換

この世に本物の悪はないと知ってから、この世の全てを好きになる方法がわかった。
この世の全てを好きになる方法を知ったから、この世に本物の悪はないと知ったのかもしれないけど。
闇と光は相対ではなくて、光のあたらないところが闇とよばれるのだ、と知った。
光があるから闇があるのだけど、闇があるから光があるわけではないなんて。
そう思ったら闇に対するイメージがだいぶ変わる。
突き詰めてもつきつめても、光に戻っていく。
苦しくなったら応用できる。すべてに光をあてる方法。

2016.10.14

img_5856

設定が以前のままの天気アプリがふと表示されて、キュンとなる。
過去になった証拠だ。
東京に帰ってきたわたしもいて、同時に、バイロンに居つづけるわたしもいる。
その場所を懐かしく想ったり、いつでもまた行けると知っているのは、そういうパラレルなつながりがあるからなんだと思うよ。
今夜もバイロンは星がキレイだろうなあ💫

 

 

 

希望がない君へ

なにもする気が起きないとき、新しい目標がわからないとき、
ワクワクしないとき、絶望してしまっているとき、
そんなときが一生で何回か、一年に何回かあるかもしれない。

でも実は、人生が停滞しているとかんじるときこそ、
とっても幸せなときなのだとおもう。
なにもする気が起きないのなら、休んでいいから。
新しい目標がわからないなら、ひととおりの夢を叶えてしまったばかりだから。
ワクワクしないなら、すでに満たされているから。
絶望してしまっているなら、静寂に身を任せればいいから。

 

立ち止まっているときは、とにかく情報を遮断しよう。
外の世界は基本的に個人的なスピードとはまったく異質な高速ぐあいで、
いっしょうけんめいにひたすら前向きだから。
静かに目の前のことひたすら見つめよう、いや、見つめなくてもいい。
なにもしなくていい。
なにかから逃げていると自分を攻める必要もない。
すでに持っているものにありがとうと声をかけられる、こんな素敵なチャンスなかなかないよ。
人生は基本的に忙しいし。そして焦っているほど短くもなく、退屈なほど長くもない。
いつも、今、ちょうどいいようにできている。
絶望とは、すべて、いつでも…今がALL OKだということを、思い出すことなのかもしれないね。
in Byron bay, Australia 2016/10/1

So what?

内面にともなって外面にも現れる小さくて大きなテーマには、サイクルがある。
変化の直前には靄がかかったように選択に迫られている。
何も考えなくても考えても同じだとわかりながら、迷ってモヤモヤするのを楽しむのが人間の醍醐味なのだろう。
そして視界の靄がパーっと晴れ、空もいつもの通り道もスーパーもあの人もこの人も、なんだか何もかもが生まれ変わったかのように登場し、はじまる。人間だけが何度も気づき変化し、前進しようとする。
宇宙も地球もそれらが誕生したその瞬間から何も変わらず、ただ一定に存在し続けているだけなんだろうに。

in Byron bay, Australia 2016/6/16

淡々

とてもコンパクトでミニマルな毎日だけど、日々必ずちょっとずつ違う何かが起こる。映画を観ているみたいに淡々とした気持ちの中で、少し感動したり嬉しかったり沈んでみたり、いちおう考えを巡らせてみたりもしている。どこでもいつでも、穏やかな世界の中心にいることができる。そこは退屈どころか鮮やかに明るく、人々は笑顔で、笑いたくないときは笑わず、怒るときは堂々と怒り、余計なことはもとめず、与え合え許し合い、なんとなくいつも幸せだ。

in Byron bay, Australia 2016/6/10

沈黙

Silence is the language of god,all else is poor translation.

今日気に入った、ルーミーの詩。
“沈黙は神の言語。他のすべては貧弱な翻訳”
もっといい邦訳があるかもしれないけど、こんな意味。
ここが英語圏だからなおさら、会話で表現しないといけない、という思い込みに少し疲れていたことに気づく。
静寂の中できこえる真実の声や、物事をじっと見つめることでする対話、思考の及ばない領域がある。
いいな。沈黙は神の言語。
源へ新鮮な水が流れ込むみたいにして、潤った。
in Byron bay, Australia 2016/6/5