海のしずくクリーム第2弾 発送スタート

海のしずくクリーム

こんにちは。旅するハーブ調合人、ことり薬草 エコです。

第2弾 “海のしずくクリーム(ローズマリー軟膏)” を発送しています。
ご予約をしてくださった方、気長に待っていてくれてありがとうございます!

できたてホヤホヤをお届けします◎

第3弾もこれから作製します。
ご購入希望の方は、コンタクトフォームよりご連絡ください。

1,050yen/ 20ml + 送料

使い続けて数か月。
何を塗っても乾燥してしまうわたしの肌も
張りがでてきた気がします。

いい調子、嬉しいな〜✨

ローズマリーの詳しい効能はこちら

※海のしずくクリームは薬事法上 「雑貨」として販売しています。
化粧品・医薬品・医薬部外品のどれにも該当しません。
ご使用に関してはご自身の判断でお願いいたします。(2018.3.12追記)

🌿今日もありがとうございます。🌿
ことり薬草 はハーブティの調合をしています。
https://cotoriherb.thebase.in

ハーブチンキとは?

ハーブチンキとは、アルコールでハーブの有効成分を抽出した浸剤のことです。
ティンクチャーともよばれます。

ハーブティーや白湯に垂らして飲んだり
手作り化粧水の原料にしたり
入浴剤として使ったり
うがい薬や湿布薬にしたり

アルコールで抽出することにより
通常のハーブティーでは出ない成分も抽出することができます。

海外ではお薬として処方されているほど薬効が高いのです。
長期間にわたって保存できるので、薬箱に1本あると重宝しますよ。

ハーブチンキ作り方

  1. ガラス瓶を綺麗に洗う。煮沸消毒もできればなお良し◎
  2. ドライハーブをガラス瓶の3分目〜半分ほどまで入れる。
  3. ウォッカやホワイトリカーなどアルコールを注ぎ、瓶のふたを閉め、数回振る。
    ( 40度くらいのアルコールだと成分がよく出ます。)
  4. 最短2週間、直射日光を避けて冷暗所で保管し、毎日振る。
  5. ハーブが充分に抽出されたら、ハーブを濾して取り出す。
  6. ハーブを取り出した抽出液を、瓶に戻して完成。
    残ったハーブは、お茶パックなどに入れて入浴剤として使用できます。

ことり薬草では、以下のハーブチンキを販売しています。
ご希望の方は お気軽にご連絡ください。

1200yen+送料/30ml
ラベンダーローズ・トゥルシー(ホーリーバジル)・ネトル
パッションフラワージンジャーペパーミントレモンバーム

🌿今日もありがとうございます。🌿
ことり薬草 はハーブティの調合をしています。
https://cotoriherb.thebase.in

海のしずくクリーム ご予約受付中♩

 

こんにちは。旅するハーブ調合人、ことり薬草 エコです。

以前に 販売した 海のしずくクリーム(ローズマリー軟膏)、
とてもありがたいことに、想像以上のご好評をいただきました。

前回分は数が足りなくてお届けできなかった方がいらしたので
また新しくローズマリー軟膏を作りはじめています。

ローズマリー軟膏をつくるためには、まずアルコールでローズマリーエキスをじっくり抽出します。
この、アルコールで抽出したハーブエキスのこと、をハーブチンキとよびます。

通常ハーブチンキはウォッカやホワイトリカーなどのアルコールを使いますが、
ローズマリー軟膏で使うハーブチンキの原料は、無水エタノールです。

ローズマリー軟膏に欠かせない成分 ウルソール酸が
シワやたるみ・シミに作用するといわれているのですが、
この成分は無水エタノールでしか抽出されないのです。

そして軟膏にするために、ローズマリーチンキとワセリンを混ぜます。
この時ローズマリーのアルコールは湯煎にかけてすべて飛ばしてしまうので、
お肌の敏感な方にもお使いいただけます。

ウルソール酸は、シミ・シワ・たるみにはもちろん、肌荒れや乾燥の強い味方。
傷ついたコラーゲン繊維の修復や改善にも役立つそうです◎

わたしも小さな頃からわりと重めなアトピー持ちですが、問題なく使えています。
使い続けて1ヶ月以上経ちますが、肌がやわらかく、かつハリが出た感じがします。
とにかく香りがムフフなので、お風呂上りが毎晩たのしみなんです。

今回の海のしずくクリームは、不純物の少ない高品質のワセリンに変えたので、
さらに優しいできあがりになります。
そのため、前回より少しだけお値段があがりました。
ご了承お願いします💫

3月の初旬にはお届けできるよう、順次 発送いたします。

海のしずくクリーム(ローズマリー軟膏)
1,050円 20ml / 約1~2ヶ月分 +送料

ご予約はinfo☆cotoriherb.comまでどうぞ!
☆を@に変えて

ローズマリーの効能・効果はこちら

※海のしずくクリームは薬事法上 「雑貨」として販売しています。
化粧品・医薬品・医薬部外品のどれにも該当しません。
ご使用に関してはご自身の判断でお願いいたします。(2018.3.12追記)

 

🌿今日もありがとうございます。🌿
ことり薬草 はハーブティの調合をしています。
https://cotoriherb.thebase.in

 

ローズマリー軟膏できました◎


こんにちは。旅する調合ハーブティー屋(ハーブセラピスト)の『ことり薬草』です。

魔法の美肌クリーム、ローズマリー軟膏ができました。
名づけて、” 海のしずくクリーム ”

海辺に育つ習性のあるローズマリー。
咲いた小さな花がまるで海の雫のようだったことから、
ラテン語で「海の雫」を意味する学名が付いたそうです。

「若返り」でも有名なローズマリー。
今回は、シミやシワに期待できる ウルソール酸という成分を中心に抽出し、
保湿剤であるワセリンと混ぜて軟膏にしました。
ローズマリーの詳しい効能はこちら

ローズマリーチンキ(ローズマリー浸出液)を作る段階から
ハーブをたっぷり使って超高濃度にしたので、香りが素晴らしい!
お風呂に入った後、洗顔後が毎晩たのしみ。
小指の先ちょこっとの量で、かなり伸びます。

1月20日の出店、空の紫 at 神宮前bonobo へも持っていく予定です。

試してみたいわ~~~って方は、ご連絡ください。
900yen / 20ml
300yen / 5ml
+送料で、簡単にラッピングしてお送りします◎
info<at>cotoriherb.com ( <at>を@にかえて )

※海のしずくクリームは薬事法上 「雑貨」として販売しています。
化粧品・医薬品・医薬部外品のどれにも該当しません。
ご使用に関してはご自身の判断でお願いいたします。(2018.3.12追記)

—————————————————-

今日も読んでくれてありがとう🙏💕
ことり薬草 はハーブの調合をしています。
https://cotoriherb.thebase.in

有機ラベンダーのハーブチンキ(ハーブティンクチャー)

DSC00688

こんにちは。旅する調合ハーブティー屋(ハーブセラピスト)の『ことり薬草』です。
フランス産の有機ラベンダーのティンクチャー(以下ハーブチンキ)ができました◎
ハーブティーはしっかりと濃いめがおいしいように、ハーブチンキもたっぷり濃いめがいい!
ということで、惜しげもなくどっさりとラベンダーを使ったよ。
だから成分もぎゅっと凝縮されていて、香りがとってもいい。
ハーブチンキとは、アルコールにハーブを漬けて作る浸剤のこと。
アルコールで抽出すると、お湯(水)だけでは出ない成分も同時に抽出することができます。
長期間にわたって保存できるので、薬箱に1本あると重宝する〜。
ラベンダーは古代から万能薬とされ、さまざまな力と結びつけられてきたそう。
リラックス効果があり、不安や緊張を和らげてくれる。
熱をともなう風邪やインフルエンザには、発汗による解熱、解毒も期待できるよ。
今回ことり薬草では食品として販売しているんですが、
皮膚のケアにも使われるラベンダーは、殺菌作用にすぐれていて、
かるい傷や虫さされ、肌の再生にも役立つといわれているよ。
個人的には化粧水や湿布薬として、入浴剤としても使ってる。
ラベンダーは気を浄化するといわれているから、ルームスプレーにしたり◎
直接クチの中に垂らしたり、お水やハーブティーに入れて飲んでね。
イライラしているとき、気疲れしたときに、気分をリセットしたいときにもおすすめ〜。
lavenderthinc
△漬けたてのラベンダー。3〜4ヶ月ほど熟成させてる。
今日もありがとう🙏
\ハーブティーの調合と販売をしています。/
ことり薬草-Herb Tea- Web Shop
https://cotoriherb.thebase.in

ハーブチンキづくり

image
東京を離れ、新天地の川越へやってきて、2ヶ月弱になりました。
浮き足立った気持ちや現実的な目まぐるしさが、ほんの少しだけ落ち着いてきたところです。

さてそろそろハーブ達とじっくり対話したいな、と思いたち、ハーブティンクチャー(ハーブチンキ)を仕込んでみました。まずは中途半端に残っていたハーブをつかって実験だっ。

たっぷりめなハーブの適量にウォッカを注ぎ、1日1〜2回くらい揺らしたりひっくり返したりして、3ヶ月ほど熟成。
ハーブの有効成分がしっかり出きったところで濾して抽出液を瓶にうつします。たのしみ〜。

ハーブに対してアルコールの分量は、花や葉などの柔らかいハーブにはちょうど隠れる程、硬い実のものは多めに、茎付きのものは少なめになりました。
ハーブと相談しながら、鼻歌でも歌いながら、てきとうにね◎


画像左から▽
ペパーミント:神経が緊張気味のときに。食べ過ぎ、飲み過ぎなどで胃腸の調子が悪いときや胸やけに。乗り物酔いにも。

トゥルシーの花:風邪予防に。免疫機能を高めたいときに。心身のデトックスに。

マリーゴールド:主に外用にする予定。軽い傷や火傷、虫刺されに。化粧水として薄めて使う。傷ついた皮膚を修復し、日焼けを鎮静してくれる。飲用としては、生理痛の緩和や月経不順に期待。

ラベンダー:こちらも主に外用として使う予定。殺菌効果のある化粧水として。肌のくすみをとったり日焼け肌を和らげてくれる。ラベンダーは気を洗うともいわれているから、空気浄化用のスプレーにしてもいいかも。

ローズヒップ:飲んでも塗っても◎ビタミンCが豊富。目が疲れたときにも。

レモンバーム:鎮静・鎮痛作用。食後に飲むと消化を促進。虫除けスプレー作りに。湿疹やアトピーにもよいとされてるから、入浴剤にしてみたり。


ハーブの浸出方法は、水(お湯)、アルコール、オイル、ビネガー、はちみつなど様々あるけど、それぞれ抽出される有効成分が変わってくるそう。水溶性と油溶性のどちらの成分を出したいのかで化学的に判断、などなど、ちょっぴり研究が必要っぽいです。
久々の更新でした。読んでくれてありがとうございましたっ、またね〜!