Bach flowerについて

image
イギリスのバッチ博士がつくったフラワーエッセンス、
バッチフラワーをあらためて体感&勉強中。
こんにちは。ことり薬草です。
初めてフラワーエッセンスを摂ったのは8年前ほど。
ヒーリングやエナジーワークなどをたくさん受けていた時期、
レイキティーチャーに教えてもらって知ったのでした。

その頃はまだ感覚が粗くエネルギー的な影響を受けやすく、
自分自身や環境の変化も激しかったので、
そんな話題からWalnut(ウォールナット)をおすすめしてもらいました。
Walnutは外側の刺激に惑わされることなく、新しい生活や目標にむかって、
自分らしく進むための力をくれます。魂の変化や目覚めのときの混乱にもよさそうです◎

 

バッチフラワーを勉強しはじめると、客観的に感情や思考を見つめるようになり、
それらの種類を分類できるようになります。
感情や思考の渦にいるとき、それらはあたかも自分自身かのようにふるまい、
ときには苦しめ、現実を複雑にしてしまいます。
でも感情や思考って分類して対処できるほど実は単純なものだし、
なにしろ自分自身ではありません。身をやつすほど相手にする対象ではないのですね。
さてさて、新ことり薬草をどうしていこうかな〜、と、
Wild Oat(ワイルドート)とWild Rose(ワイルドローズ)を組み合わせて飲みはじめました。
Wild Roseは”人生に対する積極性”、Wild Oatは”進むべき道の方向性”。
それぞれのエッセンスが持つキーワードです。
エッセンスの体感として、ワクワク感や前向きな思考、未来への展望や軽さ、
具体的なアイディアが湧いてくるなどなど。
曇っていた頭の中が光で掃除されたみたいなかんじです。
これからちょっとづつ、いろんなエッセンスを試してみたいと思います^^
旅するハーブ調合人。 日常に魔法がかかる美味しいオーダーメイドハーブティーをつくります🌿 店舗はなく、オンライン(https://cotoriherb.thebase.in )やイベントで販売中です。 ふと旅にでることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です