秋が夏をつれてった

生命をいただいている限り、他者に迷惑をかけないということは不可能だけど、他者のせいにするということは最大の甘えであり、その対象との絶交を意味することでもある。愛に対する反発でもある。
なのにそれさえも赦されているという、愛にはすべてが内包されているということ。
それならばもう感謝しか残っていないのに、感謝しないという選択肢まで赦されている。感謝すら愛に含まれているものだから。

どうしよう、やっぱり愛ってすごすぎる。
ひとまず地球に抱かれて泣いてみるか。
今日の夕方、夏と秋がバトンタッチしたみたいに急に空気が変わったね。
切なくってぼんやりしちゃうね。

ことり薬草店主・旅するハーブ調合人です。 日常に魔法がかかるハーブティーをオーダーメイドで承っています🌿 ふと旅にでることがあります。 現在はチェンマイにいます。2019年5月。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください