卒業

今の段階でひととおり、小さな願いはその都度叶えてきて、やってみたかったことや行きたい場所など、欲しいものは多少強引にでも手に入れてきたように思います。
とにかく時間だけには縛られていなかったことが、一番の大きな理由かもしれません。お金はいつもなかったのに、なぜここまでやりたい放題できたのか、どうやって生きてこれたのか自分でも不思議に思うほど。感謝しきれていない甘い部分でもあるのでしょうか。
そして今、もう自分のためにやりたいことがなくなってきて、飽和状態になってきていることにうっすら気がつきはじめました。
長く辛かった時期は超えて、今は戸惑うほど恵まれた環境にいて順調に進みながらここ1〜2年、頭では悩んでいました。心と違うことも同時に色々と試してみていたからです。
これからやりたいのは、もっと明確な意図を持っていくこと。
ジャンルや道を絞ってモノしていくこと。
自分なりに定義していくこと。
何にしろそれは、自分以外の存在のためにすること。
本当に心が望むことが、今は自分のためには向いていないことだけがわかっています。
なんでこんなことを書いているのかというと、人生の基盤づくりをはじめる準備をしないといけないなあと、ふと意識がシフトしていったからです。
綿密な計画を立てて行動に移していけるタイプではないので、行き当たりばったりで指針を決めていくことはこれからも変わらないのだけど。
結婚するか子供を産むか起業するか会社で働くか社会からドロップアウトするか…どんな物語をつくっていくのかは出会う人によってまるっきりひっくり返るのだから、未来のことを想うなんて立ち止まっている証拠なんだけど。
そしてこの気持ちは言葉にすることで刻まないと、流れる気がしたのです。
なんだかとりとめのないざっくりした気持ちが文章にばっちり現れてしまっていますが、今の本音、でした。
『進路が決まった中3の3学期、なんとなく学校へ来て退屈している』みたいな、そんな時期なのかもしれないな。今。
ことり薬草店主・旅するハーブ調合人です。 日常に魔法がかかるハーブティーをオーダーメイドで承っています🌿 ふと旅にでることがあります。 現在はチェンマイにいます。2019年5月。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください