日記|夏をあきらめて

なんて魅力的で美しくてかっこよくてセクシーなんでしょう。
研ナオコさんの、夏をあきらめて。

吉祥寺に住んでいた子供のころ
母親がこの曲をいつも車の中で聴いていた。

なぜか家から徒歩15分くらいの駐車場を借りていて、
わたしたちは井の頭公園を通って、歩いて帰った。
途中にある古いパン屋さんで、クリームパンを買ってもらうのが好きだった。

夏をあきらめて は
井の頭公園の木々のこんもり湿った感じと、雰囲気が似ている歌だと思っていた。
たいてい夕方のことなので、すこし切なかった。

母は若い頃、あばら骨が浮き出るほど華奢だった。
明るくてちょっと物悲しいようなところも
なんだか研ナオコさんに似ているなあと思う。

ことり薬草店主・旅するハーブ使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイにいます。2019年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top