神様いらないかもね

ひとつの扉が閉じたときには必ず新しい扉が開くように、自ら新しい扉を開いたからいつの間にか閉じてしまった扉もあるんだろう。
もしかしたら、それはとても大切に守ってきた物事なのかもしれないのに。
それでも新しい扉が目の前にあらわれて、すこしでもワクワクを感じてしまったら、迷わず開けてしまう。
結果、遠回りなのか近道なのかもわからないオリジナルの、だれにも説明できないラベルの貼れない今しかない道ができている。
なんでも見るために、身体や感情を通してすべてを体験するために、ここにやってきた。
新しい扉の先が好きでも嫌いでも、ぜんぶ楽しめるようになったら敵なんていないから。
もう外には神様と呼ぶ人もいらないかもね。今から神様になっちゃうのもありだよね。いや、ほんとははじめから神様なんだよ。
in Melbourne, Australia 2015/12/16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です