迷い∞決意

こうする!と決めたらそうなって、迷っているぶんだけ「あれで本当によかったのだろうか」と迷い続けることになる。
たとえそれらの結果が同じだったとしても。

いつでも、ただ何かを選ぶ動機が何らかの現象になるだけ。
いい悪いや正解不正解という状態はなく、それらは感情が決めるオプション。
だれも求めていない、ジャッジ。

迷いの根底には、恐怖がある。
恐怖というのは決意を持つと消える。
こわいから迷うんじゃなくて、迷うからこわくなる。
けどそこに正解はないと知ることで、迷うことさえできなくなる。

こうすると決めて、間違ったと感じたらもどったり方向を変えたり、疲れたら休んだりやめればいい。
迷っている時間が1秒でもないほうがよいと、近頃おもうのです。

(わたし自身が迷いの連続だから、こんなこと書くんですけどね..!!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です