音のない声、いるのにいない人

ビックリして、ぎょっ!とか 安心して、ホッ…とか、ハッ!とか ゲッ!、とか ポッ♡、とか シュン…とか。
思考より先に発せられるこころの声は、大きい。 音として錯覚してしまうほど振動しているんだろう。

思考してるとき、ひとはちょっとだけ今を離れているから、目の合っている相手がなにか考えながら話しているであろうとき、本当に顔が遠くちいさくなったように見える。

目に見えないことがリアルって、そういうことなのかもしれないね。たった今、肉眼で見ている物質や現象は、とんでもなく曖昧ってことなんだよねえ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です