未知だった古代のやりかた

やりたくないことはやらない。
やりたいことだけやる。
どちらも同じだけの責任をもって。

ちいさく実践するようになったら、これでほんとに大丈夫なのかなと振り返りつつも、不安に立ち止まったりしつつも、だいたいうまいこといく。

たとえば、突如と猛烈に眠たくなる瞬間、月経周期の休みたい日、ちゃんと休める環境にいる。
身体にあらわれるわかりやすい証拠。 これは人それぞれだろうけど。
うまいことできてるなあ、と思うよ。

ほんとうのことは、ほんとうに簡単なことなんだろうね。
簡単すぎてこわさを感じることもあるけど、エキサイティングな現実が展開していくこと、まちがいないよねっ

妄想都市食堂の ”ヒマラヤ食堂”

mosotoshishokudo:

image

― インドの北の町・マナリー。

パールバティ渓谷の川のほとりにある

ちいさなカフェ ” ヒマラヤ食堂 ”…

インド帰りのことり薬草・えこと

可笑しなお菓子屋・kinaco

ピリカタント・ゆうの、妄想都市食堂。

9月のおわりの火曜日に

下北沢のアジアンキッチン・とびらで開きます。

カレーとモモ、きのこのマリネ

サラダみたいな野菜のピクルス

かぼちゃとアプリコットのお菓子など

三人で愉しくこしらえて、お待ちしています。

お腹をすかせて お越しください。


12時 open – 22時 close

とびら
世田谷区北沢2-23-6…

妄想都市食堂の ”ヒマラヤ食堂”

気流舎 × 妄想都市喫茶 “秋の実りの喫茶店”

mosotoshishokudo:

image

9月さいごの日曜日

下北沢の古本カフェ・気流舎さんで
季節の食材たっぷりの

“ 秋の実りの喫茶店 “ を開きます。

ピリカタントのサンドウィッチと
可笑しなお菓子屋・kinacoのお菓子
ことり薬草のハーブティやサングリア
ご近所 COFFEA EXLIBRISさんの
美味しい珈琲もお出しします。

12時 open – 21時 close

” 秋の実りの喫茶店 “
ぜひ 遊びにきてくださいね。

気流舎
東京都世田谷区代沢5-29-17 飯田ハイツ1F
03 3410 0024

ピリカタント書店
http://pirkatanto.com/

気流舎 × 妄想都市喫茶 “秋の実りの喫茶店”

9.18

いま重要なことは何をもっとも大切にしているかということ
現実は順調にすすんでいるのに、なんだかからだやこころの具合がパッとしない、その逆もしかり、個人の問題ではない

しろいちいさなくすり

image

古代からの魔法や錬金術は、大地と繋がり自然と調和する現実的な方法だということが今わかってきた。
人類が気づき、その叡智を思い出しはじめたからだ。

いっぽう、現代科学がつくったこの薬。
ひと粒で頭痛が消えたり精神が安定したり眠れたり、すごい発明だ。
でもほんとうは、いわゆる魔法を夢見たやり方ってこっちなんじゃないか。
 
なんとなく捨てられずに引き出しに転がったりしてる、白いちいさな薬との対話。
ぼんやりみつめていたら、神秘と科学の境目がもはやなくなっている、そんなおはなしをきかせてくれました。
 
つづく…(かもしれない)

満月に映った光る記号

わたしたちはいつでも満たされている。
必要なものはすべてそろっていて、必要なときに用意される。
ほんとうに楽しいと感じられること、人々と笑顔を交わしながら、それらが仕事となり、エネルギーを循環させている。
愛をもって差し出されたものは、すなおに感謝して受けとる。ありがとう。

宇宙を信頼し、すべてを委ねます。

今、いつでも美しく軽やかな心でここに在る。
パートナーとは山や海のように澄んだ空気を吸いこむときの気持ち、肺の清々しさ。
自然な呼吸のリズムがうまれる関係。
愛が無限大に、さらに大きな永遠の循環を維持している。
経済的、精神的、肉体的な豊かさ。

すべてにおいて物事は完璧だということを知っています。

別れのこと

短い旅でも、出会いや別れが必ずあり、それが旅だとさえおもうのだけど、今回の旅にはすこし痛い別れがあった。切羽つまるほどに今しかないもんだから、なんだか違うと直感したものは、その場で別れざるを得ない。旅先に置いてこれずに漂う悲しいきもちが日常に還るまで、涙したり味わったりそっとしておいたりする。