未知だった古代のやりかた

やりたくないことはやらない。
やりたいことだけやる。
どちらも同じだけの責任をもって。

ちいさく実践するようになったら、これでほんとに大丈夫なのかなと振り返りつつも、不安に立ち止まったりしつつも、だいたいうまいこといく。

たとえば、突如と猛烈に眠たくなる瞬間、月経周期の休みたい日、ちゃんと休める環境にいる。
身体にあらわれるわかりやすい証拠。 これは人それぞれだろうけど。
うまいことできてるなあ、と思うよ。

ほんとうのことは、ほんとうに簡単なことなんだろうね。
簡単すぎてこわさを感じることもあるけど、エキサイティングな現実が展開していくこと、まちがいないよねっ

妄想都市食堂の ”ヒマラヤ食堂”

mosotoshishokudo:

image

― インドの北の町・マナリー。

パールバティ渓谷の川のほとりにある

ちいさなカフェ ” ヒマラヤ食堂 ”…

インド帰りのことり薬草・えこと

可笑しなお菓子屋・kinaco

ピリカタント・ゆうの、妄想都市食堂。

9月のおわりの火曜日に

下北沢のアジアンキッチン・とびらで開きます。

カレーとモモ、きのこのマリネ

サラダみたいな野菜のピクルス

かぼちゃとアプリコットのお菓子など

三人で愉しくこしらえて、お待ちしています。

お腹をすかせて お越しください。


12時 open – 22時 close

とびら
世田谷区北沢2-23-6…

妄想都市食堂の ”ヒマラヤ食堂”

new moon’s diary

インドでみた夢の中で、地球上のどこにでも自由に住まわせて!とお願いした。 ふだん夢と表現しているのは意識の世界だ。身体に戻ってきた瞬間はとても重たかったけれど、肉体があるからこうして時間をかけて旅ができる。全身をかけめぐるリアルな感情や、好きな人とハグをして匂いや体温を感じることができる。 そのことに感謝した。

気流舎 × 妄想都市喫茶 “秋の実りの喫茶店”

mosotoshishokudo:

image

9月さいごの日曜日

下北沢の古本カフェ・気流舎さんで
季節の食材たっぷりの

“ 秋の実りの喫茶店 “ を開きます。

ピリカタントのサンドウィッチと
可笑しなお菓子屋・kinacoのお菓子
ことり薬草のハーブティやサングリア
ご近所 COFFEA EXLIBRISさんの
美味しい珈琲もお出しします。

12時 open – 21時 close

” 秋の実りの喫茶店 “
ぜひ 遊びにきてくださいね。

気流舎
東京都世田谷区代沢5-29-17 飯田ハイツ1F
03 3410 0024

ピリカタント書店
http://pirkatanto.com/

気流舎 × 妄想都市喫茶 “秋の実りの喫茶店”

YESとNO

どんなに頭がNOと言っても、ミラクルYESなできごとが起こってしまうとき

どんなに頭がYESと言っても、こころが重たくて暗くてNOと動かないとき

どちらも諦める
良い悪いはない
どちらも選ばない
ただ観察するだけ

9.18

いま重要なことは何をもっとも大切にしているかということ
現実は順調にすすんでいるのに、なんだかからだやこころの具合がパッとしない、その逆もしかり、個人の問題ではない

しろいちいさなくすり

image

古代からの魔法や錬金術は、大地と繋がり自然と調和する現実的な方法だということが今わかってきた。
人類が気づき、その叡智を思い出しはじめたからだ。

いっぽう、現代科学がつくったこの薬。
ひと粒で頭痛が消えたり精神が安定したり眠れたり、すごい発明だ。
でもほんとうは、いわゆる魔法を夢見たやり方ってこっちなんじゃないか。
 
なんとなく捨てられずに引き出しに転がったりしてる、白いちいさな薬との対話。
ぼんやりみつめていたら、神秘と科学の境目がもはやなくなっている、そんなおはなしをきかせてくれました。
 
つづく…(かもしれない)