これを空とよぶのたろうか

ぜんぶ捨てて失ってもうなにも残っていないという、なによりのすべてを得たような、ほんとうは最初から失うものも得るものもなにも無いという、すべては有るような、ただ在るだけという壮大な虚無感につつまれています。たった今だけのこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です