【ありがとうございました】妄想都市喫茶 vol.1 at 気流舎

image

ピリカタント書店×可笑しなお菓子屋kinaco×ことり薬草 による、夏の終わりの喫茶店。
気持ちのいい風が吹く、すごしやすい1日でした。
告知が不十分だったにもかかわらず、たくさんの人が遊びにきてくれました!
ありがとうございます。
image

ひさしぶりに3人でお店をひらくことができて、とっても楽しかった…!!
ゆうちゃん、きなこちゃん、気流舎さん、ありがとう。

image

来月は28日の日曜日、場所は同じく下北沢 気流舎にてお昼過ぎから夜まで開いております。
お時間ゆるすかたはぜひ、くつろぎにきてください。

image

気流舎さんセレクトのカウンターカルチャー本、ビールや特製のチャイもおすすめですよー◯

image

家族のこと

今夜は父と焼きそばをつくった。麺が柔らかいよ、火力が弱いんだよ、と言いながらいっしょに食べた。

秋に3人目が産まれる予定の兄が都内へもどりたいようだ、という話を父がした。

むしろいっそのこと3世代共に大きな家に暮らしたらどうか、とまで話題が進んでいるそうだ。

ハッとした。そっかそうなのか、うちの家族はみんなで暮らしたかったのだ、きっと。 今まで何がそうさせなかったのだろう。夢はもう叶えられる。

そしたらわたしは姪や甥にとって、『海外ばかり行っていていつも家にいないけど、たまに何かいいお土産をもって帰ってくるおばさん』になるんだな。 そしてそんな時期もすぐ過ぎるんだ。

想像しておこう。光をおくりこんでおこう。すべての現実がちょうどよいタイミングでスムーズに流れるように。

家庭の宇宙

さっきスーパーへいく途中、近所のマンションから喧嘩の声が聴こえた。兄弟2人が泣き叫び怒りをぶつけあっているのを、お母さんがヒステリックになだめていた。

なぜかなんだか、その様子にやたら感動してしまった。

家族のひとりひとりが外に出て様々なストーリーを家庭に持ち帰り、それぞれの役割で悩んだり葛藤したり喜んだり怒ったり優しくしたりうっとおしく感じたりしてる。

偶然耳にしたこの家族の瞬間も、どんなに悪意を込めて罵倒しようが、心底から憎む気持ちが出ようが、そうやって甘えながら毎日いっしょに暮らしている。ごはんを食べたり眠る姿を見ている。

ああなんて愛おしいんだろう、心や感情をいっぱい使って愛しあってる家族のしくみ。

てきとうインドカレー

リクエストを受けともだちの実家でつくったチキンカレー。野菜をいろんな大きさで切ったり摩りおろしたり、スパイスもあるものだけでガーッとつくった。
ともだちは辛がってマヨネーズやとんかつソースを足して(!)いたが、お母さんには好評だった。

あ!と本棚に雑誌ニュートラルを見つけたら、持ってっていいよ、とくれた。
今のわたしにとって切なさ満点のアイテムをありがとう。
これからきっとどんどん遠ざかってゆくインドよ、そして君は追ってはこない。
今夜は恋しさと寂しさで枕を濡らすのだ…

感傷気分にて雨あがりの帰り道、ふーっと魂が日本に降りてきた気がした。
はじめのシグナルは匂い。5感がこっちになれてきた。これこれこの感じ。
ともだちに会うたびに、この地に足がついてくる。
驚きと、心地いいこころの痛みと、新しい予感と。

さあ次!

大好きな人たちに、おかえりや会いたいと声をかけてもらい、とっても嬉しい。素晴らしき日本。愛の国。
ところで、わたしはあまり英語が流暢じゃないので、海外では深い会話ができない。いつも悔しい思いをして帰ってくるのに、またそのまま海外へ行ってしまう。
今回は、帰国したすぐのすごいタイミングで幼なじみが英語の本をくれたので、それをキッカケに勉強しなおしてます。
高校生のころを思いだして、たのしい。英語だけは好きだったので勉強のコツは覚えてる。

ただいま東京

image
ふう、とインドから帰ってきて、まだ外人気分のまま、世田谷の街並のキレイさにいちいち感動しています。
ゴミが落ちていないこと、道路に穴や泥の水たまりがないこと、公園があること、車の音や人の話す声がほとんど聴こえないこと、虫の鳴き声がきれいなこと、風が穏やでいいにおいなこと…
ついさっきまでコルカタにいて、道端の鶏肉店を店番してるこどもが鶏の首を生きたままクイッとひねって毛を剥いで、台に固定された大きな刃物でぶった切る様子を見たりしていたので、本当におなじ地球なのか。

滝が4つみえる家

image
オールドマナリー。あそびにいったインド人ヨガティーチャーマキシムの崖の上の家。
ダーティでごめん、って言ってたから笑った。
image
テイクアウトのベジモモやジュースやお茶などごちそうになり、ラーメンをいっしょにつくって食べた。胡椒や塩、チリなどをすこしずつ足してベストな味にしながら。
お礼にレイキのセッションをした。
お互いの話をしたら、同い年だった。わたしのことは18〜22歳くらいだと思っていたんだって。英語のたどたどしさも手伝っているのだろうな。
image
ベランダからみえる風景。白い縦線が滝だよ。4つみつけられるかな?
マキシムの写真ないね◯
image
in Old Manari,  India 2014/8/16

ヒマラヤのオーガニックショップ

image
きょうはkullu(パールバティ渓谷)のMountain bountieというお店にいってきたよ。
image
ヒマラヤのハーブや塩、アプリコットやピーチのオイル、ハーブの石鹸、オーガニックのナッツや豆・シリアルなどなど。
image
まだきちんと調べていないのだけど、農村部の女性へ自立支援もしているとスタッフが言っていたかな。

image
マグカップやお皿などの焼き物もあったよ。こちらは可愛いのになんだかすべてが惜しい!という感じでグッとこなくて、買うにはいたらなかった。<すこし迷ったけど。

image
ヒマラヤ山脈は、神さまが住む山として波動やパワーの強い場所のひとつだよね。ハーブやオイルなどバラバラと買ってきたので、試してみて本当にいい物だったらシェアしたいな◯