ことり薬草-cotori herb- 2013

image
ことり薬草は2013年、たくさんのイベント出店をさせていただきました。
都内を中心に、京都から長崎まで。
あたらしい出会いと続いてきた縁すべてにありがとう。
めまぐるしくたのしい1年でした。
来年からは海外にも拠点をおきつつ活動できれば、と計画中です。
これからも、どうぞよろしくお願いします。

Odalan in Bali.

バリ島に旅行中。

Desakの旦那さんDewaさん一家のOdalan(お祭り)にいってきました。
バリヒンドゥーは、輪廻とカルマの考え方のもと成り立っています。
DewaやDesakという名称は、4つのカーストの上から2番目だそう。
いちばん上はお坊さんで、インドのように不可触民はいない。
表面的にはもうカースト制度はないみたいだけど、やはり根づいてはいるんだとか。

Buddhaのこころを持ちあわせた日本人であるわたしにとって、しっくりくる感触もあり、無宗派の都会っこという部分では、血族や家族の土着的な濃さが新鮮だったり、その絆の強さに見とれたり、ふと宗教の行く末などを考えたりもしました。
ちなみにDesakがヒンドゥーをさらに信じたきっかけは、亡くなった伯母さんをお坊さんが体に降ろしたのを見たときだそう。

お坊さんから出る声が伯母さんそのものだったから、びっくりしたって笑ってた。

それ見てみたいよ。 外人であるわたしを当たり前のように受けいれ、たくさんのごはんをごちそうしてくれたこと、感謝。
寛大なバリ人のこころに触れました。

Banyak-banyak terima kasih keluarga Dewa dan Desak.

in Seminyak,  Bali 2013/12/5

第2章 Open your world

ゴア最後の夜barで『Open your worl』dを目にした直後から、印象的な出会いとともに第2章がはじまった。
11/27のできごとでした。 『たぶん君のことこないだ見かけたよ、』ととつぜん目の前にあらわれた男の子。

第1章 おわり

インド旅仲間のRieさんとバンコクでわかれ、ひとりバリについてから、過去にであった人たちと、再会に次ぐ再会。
おたがいがそれぞれの人生のストーリーの登場人物だということを前提に、あきらかにステージが変わっていた。