しろいちいさなくすり

image

古代からの魔法や錬金術は、大地と繋がり自然と調和する現実的な方法だということが今わかってきた。
人類が気づき、その叡智を思い出しはじめたからだ。

いっぽう、現代科学がつくったこの薬。
ひと粒で頭痛が消えたり精神が安定したり眠れたり、すごい発明だ。
でもほんとうは、いわゆる魔法を夢見たやり方ってこっちなんじゃないか。
 
なんとなく捨てられずに引き出しに転がったりしてる、白いちいさな薬との対話。
ぼんやりみつめていたら、神秘と科学の境目がもはやなくなっている、そんなおはなしをきかせてくれました。
 
つづく…(かもしれない)

ことり薬草店主・旅する薬草使いekoです。 魔法のハーブティーを中心に、ハーブを使ったプロダクトをつくっています🌿 ふと旅にでることがあります。 今はチェンマイに住んでいます。2020年現在。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top